研究員

Member

当研究所に所属する研究員をご紹介します。

所長 兼 研究員

花摘百江

立教大学社会学部卒、社会関係資本やソーシャルデザインを研究。2014年スマイルズに新卒入社、Soup Stock Tokyoの店舗勤務を経て、採用担当に着任。2016年、スープストックトーキョー分社後の人事制度刷新・インナーブランディングを担当しながら、社外広報も担当し各種施策のコミュニケーション設計・広報・編集・ライティング・SNSなどを担当。スマイルズ広報の傍ら、2020年10月より、スマイルズ生活価値拡充研究所の所長兼研究員に着任し、Podcast「学びかけのRADIO」のMCを担当。複業として音楽レーベルでも勤務中

特別研究員

平岡敏洋 特任教授(東京大学)

1970年福岡県生まれ。京都大学工学部卒業、同大学院工学研究科修士課程修了。東京大学生産技術研究所特任教授。博士(情報学)。制御工学、インタフェース設計論、心理学など複数の分野を横断する学際融合的なアプローチで、人間機械系の研究、とくに自動車の運転支援システムに関する研究に従事している。共著に「不便益:手間をかけるシステムのデザイン」(近代科学社)など。不便益システム研究所所属。

特別研究員

川上浩司 特定教授 (京都大学)

1964年島根県生まれ。京都大学工学部卒業、同大学院工学研究科修士課程修了。京都大学情報学研究科特定教授。博士(工学)。著書に『不便から生まれるデザイン」(化学同人)「ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、不便を取り入れてみてはどうですか?~不便益という発想」(インプレス)。不便益システム研究所所長。

研究員

野崎亙

京都大学工学部卒。東京大学大学院卒。2003年、株式会社イデー入社。3年間で新店舗の立上げから新規事業の企画を経験。2006年、株式会社アクシス入社。5年間、デザインコンサルティングという手法で大手メーカー企業などを担当。2011年、スマイルズ入社。全ての事業のブランディングやクリエイティブの統括に加え、入場料のある本屋「文喫」など外部案件のコンサルティング、プロデュースを手掛ける。現在は、株式会社スマイルズの取締役兼CCO(チーフクリエイティブオフィサー)。著書に「自分が欲しいものだけ創る! スープストックトーキョーを生んだ『直感と共感』のスマイルズ流マーケティング」(日経BP社)。

研究員

林大輔

早稲田大学法学部卒業後、株式会社ボストン・コンサルティング・グループ等の経営コンサルティング会社に勤務。成長戦略策定などのシリアスなビジネスの現場を生き抜いた後、「もっと身近な人の顔が浮かぶ仕事をしたい」とUX/UI系制作会社のプランナー職に転向。サービスデザインやデザインディレクションに携わる。前職は、創業まもないデザインファームでのCDO職。自治体やメーカー、小売業、スタートアップなど、業種・規模の垣根なくブランドづくりや事業開発を手がける。「ブランドは人なり」のスマイルズの哲学に共感して、2020年からクリエイティブチームにジョイン、クリエイティブディレクターに。

研究員

松井浩太郎

1976年大阪生まれ。90年代後半、Webデザイナーとして京都で活動したのち2000年より(株)電通にてデジタルマーケティング全般に携わる。近年は音楽・アート体験を用いた企業のコミュニケーション戦略立案・コンテンツプロデュースに従事。FREEDOMMUNE ZERO、HOKUTO ART PROGRAM ed.0などこれまでにない角度から構成・実装された企画を世に送り出す。2020年PORTAMENT,Inc.を創業。

https://portament.co.jp/

色々と発信

Follow Us

スマイルズにまつわる最新情報は、SNSにて発信しています。
これを機に、どうぞご贔屓に。

月に一度配信「スマイルズの社外報」登録はこちら

お問い合わせ

Contact

スマイルズ生活価値拡充研究所とともに研究開発したいテーマなどがある方、その他取材依頼・講演依頼・ワークショップ依頼、採用に関するお問い合わせは以下のメールアドレスへお気軽にご連絡ください。

ご相談・お問い合わせはこちら