研究生募集

Recruitment

スマイルズ生活価値拡充研究所 Smiles: Value-in-Life Expansion Research Institution

【募集終了しました。】
「未知なる益=Undiscovered Benefit」
第一期・研究生を募集します(2021年4月期)

スマイルズ生活価値拡充研究所は、「Undiscovered Benefit(不便益を含む未知なる益)」の研究生募集を開始します。本研究は、自動化やDXの流れの中で、見落とされがちな価値に光をあて、いまだ認識/知覚/享受されていないような、「不便益を含む未知なる益」を解明するための研究です。共同研究のスタートのタイミングで、第1期生としてご参加いただける方を広く募集いたします。ぜひ奮ってご応募ください。

応募締切:2021年3月21日24:00

第1期生の募集は終了しました。

受講内容

Program

毎月開講。川上特定教授、平岡特任教授を招いての「未知なる益」ゼミ。

本研究会では、不便益研究の第一人者・川上浩司特定教授(京都大学)、平岡敏洋特任教授(東京大学)、スマイルズCCO野崎亙を主な講師として2021年4月より9月までの半年間、毎月1~2回の研究会を行います。「不便益概論」に始まり、未知なる益の収集・分析・構造化・実装化を経て、未知なる益の輪郭を見出します。個人ワークをベースにしつつも、研究会では他の研究生とグループワークを進行します。以下、シラバスで詳細をご確認ください。

研究員の紹介はこちら
シラバスはこちら

12か月連続オンライントークイベント 「UDB TALK」

森岡督行さん、TOWA TEIさん、石上純也さんの登壇が決定!

本研究会では、一般公開型のオンライントークイベント「UDB TALK」を開催。さまざまな分野のエキスパートをお招きして、川上特定教授らとのセッションにより、「これからの価値」を探究します。研究生は本イベントに無料で参加することができ、研究のヒントにできます。

その他、研究ライフをより楽しむための 独自のサポート体制をご用意

月に一度のメンターとのマンツーマンセッション

研究過程をメンターチームが徹底サポート。
9月までの研究の伴走をします。

メンバー限定「バーチャル研究室」を開室

教授陣、講師陣を含めたslackで
「未知なる益」を日常的に議論できます。

任意参加のオンライン懇親会、読書会、アルムナイ交流会

講義の補助資料となる参考文献の読書会や
交流会を随時行います。

研究員からのメッセージ

Message

特別研究員 川上浩司特定教授(京都大学) / 不便益システム研究所所長

不便益は、元はシステム工学の分野で科学研究費助成を受けた研究テーマでした。それがコミュニケーションやエクスペリエンスデザイン畑の目に止まり、不便益を含む「未知なる益」に広がり、それの社会実装をめざすコミュニティーが構想され、そのメンバーの募集が始まります。クリエイティブな集団が互いを高めあい新たな価値を生む、その横に居られること、楽しみです。

特別研究員 平岡敏洋特任教授(東京大学) / 不便益システム研究所

10年以上不便益研究に携わってきましたが、不便益の定義は確立しておらず、現在進行形で議論しているように、発展途上の学問といえます。スマ研と一緒に発足させたこの研究コミュニティで、不便益を包含する概念の「未知なる益」について、研究生の皆さんと熱く議論を交わし、学問として確立していくことを期待しています!

所長 兼 研究員 花摘百江 / スマイルズ

スマ研によるプロジェクトの第一弾は「不便益を含む、未知なる益研究」です。「不便益って良さそう!」と思う方はあれど、意図した事例がまだまだ少ないことがその実装の難しさを物語っているように思います。研究と実装を同時に走らせるが如く、目の前の仕事とこの研究を接続させてみませんか。ご応募お待ちしています。

研究員 野崎亙 / スマイルズ 取締役 CCO

今自分たちがいる合理と利便の大陸から出発して、まだ見ぬ『未知なる益』の陸地を探しに行く航海。とはいえ、実のところ、普段の生活の中でとうに気づいていたような気もします。 合理と利便が追求されればされるほど浮かび上がってくる別の陸。それは単なる小さな島かもしれないし、新大陸かもしれません。それではちょっくら航海に出かけます。 

研究員 林大輔 / スマイルズ

存在はなんとなくわかっているが、メカニズムがハッキリしないもの—「未知なる益」を、僕はこう捉えます。例えば不便益や感性的な価値、手を加えないことが生み出す益。直感に反する、線形的な思考では捕まえられない益を解明し、体系化し、社会実装へ。そんな取り組みにワクワクを覚えた方、ぜひスマ研の門戸を叩いてください!

研究員 松井浩太郎 / PORTAMENT, Inc.

「不便益の視点はコミュニケーションの仕事にとって重要だ」ということに気づき、先生方に突然ご連絡したあの日から2年。スマ研との運命的な出会いを経て、起業という形で私の人生もその様相を変えていきました。過去のフォーマットにとらわれず、知的好奇心オリエンテッドに本質に迫るスリルと達成感をともに味わいましょう。

応募要項

Guideline

2月24日(水)~3月21日(日)の期間で公募形式で、研究生を若干名募集します。研究生の任期は2021年4月~9月の半年間で、独自の参加特典をご用意しています。共同研究のスタートのタイミングで、第1期生としてご参加いただける方を広く募集いたします。

聴ける応募要項

「聴く応募要項」は、スマイルズ生活価値拡充研究所がお届けしているPodcast「学びかけのRADIO」のエピソードとして2月24日よりONAIRが始まります。

読む応募要項

「読む応募要項」は、スマイルズ公式noteにて。この研究が始まったきっかけや、どんな内容でお届けするかを詳しく解説していきます。

概要

受講スケ
ジュール
2021年 4/9(金)、5/14 (金)、6/11(金)、6/25(金)、7/9(金)、8/6(金)、9/10(金) ※すべて金曜日、19:00~21:30
受講形式
原則的にZoomでのオンライン形式
対象者
企業などの新規事業担当の方、R&Dや開発、マーケティングやブラディング担当の方、事業責任者の方
受講料
165,000円(税込)
WS全7回+トークイベント全6回への参加権
メンター制度+任意勉強会参加権付き
お⽀払い
について
研究生の合否結果(3月24日を予定)後、 3月末日までの一括払いのみ
募集人員
5名~10名程度
応募締切
2021年3月21日24:00 ※メール必着
応募資格
社会人経験3年以上の方
応募方法
ご応募ボタンよりメールをたちあげ、以下をお送りください。

①お名前(ペンネーム不可)
②ご職業/所属企業名/役職名
③ご年齢
④お住まいの都道府県
⑤最終学歴/簡単な職務経歴
⑥SNSアカウント(任意)
・Facebook
・Instagram
・Twitter
⑦現在従事されているお仕事の簡単な内容説明
⑧簡単な応募動機(140文字以上600文字未満)
※メール本文へのご記入またはドキュメントファイル添付
お問い合
わせ

株式会社スマイルズ スマイルズ生活価値拡充研究所

ご相談・お問い合わせはこちら

応募締切:2021年3月21日24:00

第1期生の募集は終了しました。

個人情報の取り扱い

応募時に提出していただいた氏名、メールアドレス、職務経歴等の個人情報は選考、選考結果通知および入会手続き通知等の本研究会の業務を行うために利用します。

秘密保持契約

本研究会と研究生間において相互に開示される事例や資料等は厳重に秘密として管理するために、本研究会と研究生にて秘密保持契約を締結させていただきますので予めご了解ください。

研究成果物の取り扱い

本研究会において研究成果として発生した研究成果物に対する知的財産権は本研究会に帰属し、研究生はこれらを本研究会の目的にのみ利用できるものとします。ただし、研究生による論文、プレゼンテーション資料等に係る著作権は各研究生に帰属し、本研究会はこれらを本研究会の目的にのみ利用できるものとします。また、研究成果物に対する研究生への対価は発生しません。

Q&A

Q
不便益とはなんですか?
A
京都大学川上特定教授を中心に2000年代から考えられてきた概念 で、不便であるからこそ得られる効用のことをいいます。「不便」さ(手間や労力がかかる、時間がかかる等)から生み出される「益(安心感がある、自己肯定感が得られる等)」が存在し、そこに積極的な価値を見出そうとする考え方です。現在大学の垣根を越えた研究会やバーチャルな研究組織「不便益システム研究所」が運営され、自動車の運転支援や観光支援など、様々な分野で実践されています。
<ご参照>不便益システム研究所 http://fuben-eki.jp/
Q
Undiscovered Benefit(未知なる益)とはなんですか?
A
川上特定教授、平岡特任教授とともにスマイルズと電通が提唱する、これまでの合理的価値ではなく、心理学的側面(心理的安全性など)や相対比較的価値(不便益含む)など、再定義された価値のこと。「Undiscovered Benefit (未知なる益)」と名付けました。ありそうなことは見えていますが、それがどんな価値なのか、どんな時に生まれるのか、どのように活動できるのかを本ゼミでは研究していきます。
Q
地方在住ですが応募は可能ですか?
A
ご応募可能です。原則オンラインでの開講となり、一部講義は参加可能な方のみオフラインでも行う可能性があります。
Q
今、会社で取り組んでいるプロジェクトをこの研究で扱いたいのですが。
A
ぜひいい機会としてください。注意事項をご参照の上、ご検討ください。
Q
文系ですが、参加はできますか?
A
ちろんご参加可能です。「不便益」そのものはもともと工学系の系譜をたどっていますが、「未知なる益」では人類学や心理学なども含めてさまざまな見地からその輪郭を探していきたいと思います。

応募締切:2021年3月21日24:00

第1期生の募集は終了しました。

色々と発信

Follow Us

スマイルズにまつわる最新情報は、SNSにて発信しています。
これを機に、どうぞご贔屓に。

月に一度配信「スマイルズの社外報」登録はこちら

お問い合わせ

Contact

スマイルズ生活価値拡充研究所とともに研究開発したいテーマなどがある方、その他取材依頼・講演依頼・ワークショップ依頼、採用に関するお問い合わせは以下のメールアドレスへお気軽にご連絡ください。

ご相談・お問い合わせはこちら